2012年04月14日

移染

政府が除染事業と称して、国民から集めた血税を湯水のように使い

原子力村に莫大な

お金を注入している。

放射性物質を取り除く技術がないままに、移染を繰り返している。

posted by Sagittarius at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

格納容器内部 内視鏡

★2号機格納容器、毎時72・9シーベルト 内部の線量初めて測定

・東京電力は27日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内に線量計を入れて計測し、
 最大で毎時72・9シーベルトの高い放射線量を確認したと発表した。これまで同原発で
 測定された線量で最も高く、溶融燃料の取り出しなど今後の廃炉作業の障害になる
 可能性もある。炉心溶融を起こした1〜3号機で、格納容器内部の線量を測定
 したのは初めて。

 東電は格納容器の貫通部から線量計を挿入し、底から約4〜7メートルの高さの
 計8地点で線量を測定した。内壁から約1メートル離れ、高さ約7メートルの地点では
 毎時39シーベルトだったが、底に近づくにつれて線量は上がり、約4メートルの高さの
 作業用足場付近で同72・9シーベルトと最も高かった。

 人間は7シーベルト浴びると1カ月以内に死亡、20シーベルト以上では数日以内に
 死亡するとされており、東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「非常に高い線量。
 内部で作業するためには、遮蔽(しゃへい)や、放射線に強い機器を使う必要がある」とした。

 東電は廃炉に向けて、格納容器を水で満たした上で燃料を回収する予定だが、高線量や
 低い水位が作業を阻む可能性がある。

 東電は同日、格納容器内部を内視鏡で調査した際の動画も公開した。

 

posted by Sagittarius at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 希望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




対戦花札や大富豪、カジノゲームで稼げるポイントサイト│ドル箱
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。