2011年08月01日

バートン・フィールド

在日米軍のバートン・フィールド司令官は27日、都内で在日の
米経済人らを前に講演し、東日本大震災後に行った支援活動
「トモダチ作戦」の内幕を語った。

 「被曝するかもしれないが、志願者はいるか」

 フィールド司令官が東京・横田基地でパイロットらにこう問い
かけたのは震災から3日後の3月14日。福島第一原発周辺の
放射線量計測のための飛行を命じた際のことだ。放射能漏れの実態は
まだよくわからず、大量被曝の恐れも否定できない中での任務だったが、
パイロットらは全員が参加を志願したという。計測された放射線量は
日本政府に伝達され、事故への初期対応策定で活用された。

 司令官は、自分たちの家族の安否も分からない中、被災地での任務を
続けた自衛隊員のことを「本当に英雄的だった」と称賛。
「(自衛隊を)側面支援できたことを栄誉に思う」とトモダチ作戦を振り返った。

(2011年7月27日18時24分 読売新聞

posted by Sagittarius at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 希望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217816811

この記事へのトラックバック




対戦花札や大富豪、カジノゲームで稼げるポイントサイト│ドル箱
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。